タクシー経営お役立ちポータル

タクシー経営に役立つ情報のリンクを集めています。

2018.08.27「同一労働同一賃金」の本質とは何か? 福利厚生・働き方改革が一番よくわかるメディア ボーグル BOWGL

先ほどの質問に立ち返ることになりますが、「同一労働同一賃金の実現に必要な予算をどこから拠出するのか?」という問いは避けては通れません。

その問いに対する労働組合側の考察は十分でないどころか、意図的に避けているようにさえ思えます。

それもそのはず。同一労働同一賃金の財源問題について本気で取り組もうと思うと、「正規雇用労働者の給与切り下げ」や「終身雇用を維持するための財源である内部留保の切り崩し」を余儀なくされてしまうからです。

引用元
「同一労働同一賃金」の本質とは何か?

働き方改革、西村創一朗さん)

(参)人材派遣会社に特化した社会保険労務士法人 | ザイムパートナーズ

(1)A会社、B会社それぞれの会社で社会保険の取得手続きを行う。
11標準報酬月額は、それぞれの会社の収入で決定する。
⇒健康保険証は、一時的にA会社、B会社で2枚になります。

(3)メインの会社の健康保険証が新たに交付され、(1)で交付された2枚の保険証を返却する。
同時に、A会社、B会社それぞれに年金事務所から保険料額の通知が届き、給与支給時に天引きして納付する。


引用元
人材派遣会社に特化した社会保険労務士法人 | ザイムパートナーズ

(保険証、返却、二以上勤務)

(参)参考資料1 消滅時効の在り方に関する検討の参考資料

第5回 賃金等請求権の消滅時効の在り方に関する検討会(平成30年6月26日)
参考資料1 消滅時効の在り方に関する検討の参考資料

引用元
参考資料1 消滅時効の在り方に関する検討の参考資料 pdf

民法、改正)


https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000211189_00001.html

(参)平成29年(受)第842号 未払賃金請求控訴,同附帯控訴事件

(2)
前記事実関係等によれば,本件雇用契約に係る契約書及び採用条件確認書並びに上告人の賃金規程において,月々支払われる所定賃金のうち業務手当が時間外労働に対する対価として支払われる旨が記載されていたというのである。また,上告人と被上告人以外の各従業員との間で作成された確認書にも,業務手当が時間外労働に対する対価として支払われる旨が記載されていたというのであるから,上告人の賃金体系においては,業務手当が時間外労働等に対する対価として支払われるものと位置付けられていたということができる。さらに,被上告人に支払われた業務手当は,1か月当たりの平均所定労働時間(157.3時間)を基に算定すると,約28時間分の時間外労働に対する割増賃金に相当するものであり,被上告人の実際の時間外労働等の状況(前記2(2))と大きくかい離するものではない。これらによれば,被上告人に支払われた業務手当は,本件雇用契約において,時間外労働等に対する対価として支払われるものとされていたと認められるから,上記業務手当の支払をもって,被上告人の時間外労働等に対する賃金の支払とみることができる。原審が摘示する上告人による労働時間の管理状況等の事情は,以上の判断を妨げるものではない。

引用元
平成29年(受)第842号 未払賃金請求控訴,同附帯控訴事件 pdf

(裁判所、判例、固定残業)
平成29年(受)第842号 未払賃金請求控訴,同附帯控訴事件
平成30年7月19日 第一小法廷判決

原判決中上告人敗訴部分を破棄する。
前項の部分につき,本件を東京高等裁判所に差し戻す。

(参)パート主婦必見!配偶者控除2018年改正による「年収150万円の壁」とは│#タウンワークマガジン

夫の所得税について、妻に関する所得控除分として満額の38万円が適用される妻の年収の上限は150万円まで引き上げられましたが、妻本人が支払う所得税のボーダーラインは現在まだ103万円のまま。住民税は地域によって異なりますが、こちらも変わらず年収93〜100万円がボーダーとなります。

引用元
パート主婦必見!配偶者控除2018年改正による「年収150万円の壁」とは│#タウンワークマガジン


※ 年間収入とは、過去における収入のことではなく、被扶養者に該当する時点及び認定された日以降の年間の見込み収入額のことをいいます。(給与所得等の収入がある場合、月額108,333円以下。雇用保険等の受給者の場合、日額3,611円以下であること。)

引用元
従業員が家族を扶養にするときの手続き|日本年金機構
従業員が家族を扶養にするときの手続き|日本年金機構

協会けんぽ

2018.09.07空飛ぶタクシー構想 すべてを話そう

ウーバー・テクノロジーズは、2023年に電動垂直離着陸車両(eVTOL)による“空飛ぶタクシー”のサービス開始を計画。空の移動革命を目指す。2020年の試験飛行の候補地の一つに日本を上げており、国内からの関心も高い。航空部門責任者のエリック・アリソン氏に、今後の展望を聞いた。

引用元
空飛ぶタクシー構想 すべてを話そう

2018.09.07働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律による改正後の労働基準法の施行について

(2)自動車の運転の業務(新労基法第 140 条及び新労基則第 69 条第2項関係)

自動車の運転の業務については、平成 36 年3月 31 日までの間、新労基法第 36 条第3項から第5項まで及び第6項(第2号及び第3号に係る部分に限る。)の規定は適用しないこととし、同年4月1日以降、当分の間、時間外労働の上限規制として1年について 960 時間以内の規制を適用することとしたものであること。


ア 猶予対象となる業務の範囲(新労基則第 69 条第2項関係)

労基法第 140 条により時間外労働の上限規制の適用が猶予される自動車の運転の業務の範囲は、新労基則第 69 条第2項に規定する業務をいうものであり、自動者運転者の労働時間等の改善のための基準(平成元年労働省告示第7号)の対象となる自動車運転者の業務と同義であること。


イ 平成 36 年3月 31 日までの新労基法第 36 条の適用(新労基法第 140条第2項及び新労基則第 71 条関係)

平成 36 年3月 31 日(同日及びその翌日を含む期間を定めている時間外・休日労働協定に関しては、当該協定に定める期間の初日から起算して1年を経過する日)までの間、時間外・休日労働協定においては、①1日、②1日を超え3箇月以内の範囲で労使当事者が定める期間、③1年についての延長時間を協定するものであり、限度時間(新労基法第36 条第3項及び第4項)、時間外・休日労働協定に特別条項を設ける場合の要件(新労基法第 36 条第5項)、1箇月について労働時間を延長して労働させ、及び休日において労働させた時間の上限(新労基法第36 条第6項第2号及び第3号)についての規定は適用されないものであること。

また、新労基則第 17 条第1項第3号から第7号までの規定は適用されないものであること。



ウ 平成 36 年4月1日以降の新労基法第 36 条の適用(新労基法第 140条第1項関係)

平成 36 年4月1日以降は、当分の間、1箇月について労働時間を延長して労働させ、及び休日において労働させた時間の上限(新労基法第 36 条第6項第2号及び第3号)についての規定は適用されず、特別条項において定める時間外・休日労働時間数は、労使当事者間において、1箇月については事業場の実情に応じた時間数を、1年については 960 時間を超えない範囲内の時間数をそれぞれ協定するものであること。

引用元
働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律による改正後の労働基準法の施行について pdf

基 発 0 9 0 7 第 1 号
平成 30 年9月7日


厚生労働省労働基準局長、都道府県労働局長、働き方改革、タクシー、トラック、バス、通達)



関連
働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律による改正後の労働安全衛生法及びじん肺法の施行等について pdf

働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律による改正後の労働時間等の設定の改善に関する特別措置法の施行について pdf