タクシー経営お役立ちポータル

タクシー経営に役立つ情報のリンクを集めています。

2018.05.22 米ウーバー、淡路島で今夏からタクシー配車実験  | ロイター

[東京 22日 ロイター] - 米ライドシェア大手のウーバーテクノロジーズ[UBER.UL]は22日、兵庫県淡路島で同社のアプリを使ってタクシーを配車する実証実験を行うと発表した。公募した島内のタクシー会社に配車システムを提供し、今夏から来年3月末まで実験する。外国人観光客や高齢者などが島内を簡単に移動する新たな交通手段になるよう、地元自治体は利用動向や実績を検証する。

引用元
米ウーバー、淡路島で今夏からタクシー配車実験 | ロイター

(参)キャリアアップ助成金(Ⅰ 正社員化コース)3 正規雇用労働者等への転換等の実施

Ⅰ 正社員化コース

正規雇用労働者等への転換等の実施
2のキャリアアップ計画に基づき、対象労働者に対する次の(1)~(6)のすべてを満たす措置を実施したこと。また、支給額の加算措置の適用を受ける場合は、(7)~(10)のいずれかを満たしていること。




(4)転換後の6か月間の賃金(※6)を、転換前6か月間の賃金(※6)より5%以上増額させている事業主であること。


 ※6 賞与(就業規則または労働協約に支給時期および支給対象者が明記されている場合であって、転換等後6か月間の賃金算定期間中に賞与が支給されている場合(支給申請時点で支給時期および金額が確定しているものを含む。)に限り含めることができる。)や定額で支給されている諸手当(名称の如何は問わず、実費弁償的なものや毎月の状況により変動することが見込まれるものは除く。)を含む賃金の総額。

転換等前後で所定労働時間が異なる場合は1時間当たりの賃金。

支給対象事業主が実施した人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)の有期実習型訓練を受講し、修了した有期契約労働者等であって、転換等前の期間が6か月未満の場合は転換前の雇用期間に応じた賃金。

引用元
キャリアアップ助成金(Ⅰ 正社員化コース)3 正規雇用労働者等への転換等の実施 p230 pdf

(平成30年度 雇用・労働分野の助成金のご案内(詳細版))

(参)源泉所得税の改正のあらまし 平成30年4月 国税庁

源泉所得税の改正のあらまし 平成30年4月 国税庁

引用元
源泉所得税の改正のあらまし 平成30年4月 国税庁 pdf

(参)算定基礎届の記入・提出ガイドブック(平成30年度)他 定時決定のため、4月〜6月の報酬月額の届出を行うとき|日本年金機構

定時決定のため、4月〜6月の報酬月額の届出を行うときの詳細説明(ケース11,13)(PDF 112KB)

定時決定のため、追加された年間平均の手続きを行うときの詳細説明(ケース11,13)(PDF 99KB)

算定基礎届の記入・提出ガイドブック(平成30年度)(PDF 9,667KB)

健康保険・厚生年金保険 被保険者報酬月額算定基礎届 70歳以上被用者 算定基礎届(PDF 811KB)

健康保険・厚生年金保険 被保険者報酬月額算定基礎届 70歳以上被用者 算定基礎届(エクセル 204KB)

健康保険・厚生年金保険 被保険者報酬月額算定基礎届 (記入例)(PDF 1,009KB)

引用元
定時決定のため、4月~6月の報酬月額の届出を行うとき|日本年金機構

(年金事務所、年金機構)

(参)届出等書類に個人番号の記載がない場合 - 第16〜第24 雇用保険に関する業務取扱要領(平成30年5月1日以降)

23602(2)事業主等が行う雇用保険手続の届出に係る具体的な事務処理
イ 個人番号の記載を要する届出等に係る事務処理
(イ) 窓口・郵送での届出の場合
b 審査処理時の対応


(b) 届出等書類に個人番号の記載がない場合

事業主等から提出のあった届出等書類について、必要な個人番号の記載がない場合は返戻し、記載をした上で再提出するよう求める。

なお、個人番号登録届による別途の届出を予定している場合や被保険者が事業主等に対し個人番号の提供を拒否している場合等何らかの理由により、個人番号の記載がない届出等書類については、必要な確認等を行った上で受理して差し支えない。

引用元
届出等書類に個人番号の記載がない場合 - 第16〜第24 p265 pdf

雇用保険に関する業務取扱要領(平成30年5月1日以降) |厚生労働省

マイナンバー、取得届、離職票雇用保険、一括届出)

(参)有給休暇に関するよくある誤解を徹底解説-罰則に要注意!


従業員が無給休暇により裁判員候補者として出頭したり、裁判員等として職務に従事した場合、「出勤したもの」として扱うことになるのでしょうか。



労働基準法39条7項において「出勤したもの」とみなす場合が規定されていますが、裁判員候補者として出頭したり、裁判員等として職務に従事した場合はこの規定に当てはまらないため、この規定によって「出勤したもの」とみなすことはできません。
裁判員制度は、法律に定められた正当な手続により労働者が労働義務を免除されているものであるため、8割出勤の算定に当たっては「全労働日」から除外して扱うべきものとされています。
なお、当事者の合意によって、労働者に有利に「出勤したもの」として取り扱うことは差し支えありません。

引用元
有給休暇に関するよくある誤解を徹底解説-罰則に要注意!

(有休)

(参)パートの年次有給休暇付与について - 相談室 | 月刊総務オンライン

パートの年次有給休暇付与について

パートの年次有給休暇付与について、ご教示お願い致します。 弊社で、下記のパートの場合の年次有給付与はどうなりますでしょうか?


1.1日7.5時間x4日勤務の週30時間
2.1日5.5時間x5日勤務の週27.5時間

1.1日7.5時間x4日勤務の週30時間
→週4日以下ですが、30時間未満でないため、(表1)に該当することになります。

2.1日5.5時間x5日勤務の週27.5時間
→週30時間未満ですが、4日以下でないため、(表1)に該当することになります。

引用元
パートの年次有給休暇付与について - 相談室 | 月刊総務オンライン

(有休、比例付与)